【英検について】中2クラス

英検についてです。

6月の英検に向けて、中2クラスのレッスンに英検対策を盛り込むことにします。
(中学3年生は受験対策、中学1年生はTAGAKI(スピーキング)をしているので、今回は「レッスン内」の英検対策はしません。)

中学生クラスの子たちの中には、自主的に勉強して英検の級を上げていく子も多いのですが、中には「テストが苦手」な子がいます。
英検は筆記試験なので、過去問を勉強してコツをつかむことが合格への近道ですが、テストが苦手な子にはなかなか難しいところがあります。

そこで、レッスンの一部を使って、英検の勉強を取り入れることにしました。
(レベル別に自分の勉強したい級に取り組んでもらいます。)

 

英検に使える時間は限られているので、1~2か月続けてみて、子どもたちから希望があれば、春休みに級別の英検講座を設けることも検討します。

 

(少し英検について:2020.1月現在)

英検には、5級~1級まであります。
現在のレベルの目安は、3級=中学校卒業程度2級=高校卒業程度ということになっています。
英検ホームページ 各級の目安(2020.1.25)https://www.eiken.or.jp/eiken/exam/about/

(2020年学習指導要領の改訂で、準2級が中学卒業程度、準1級が高校卒業程度と上がる見込みです。)

試験は1年に3回実施されます。(1月、6月、10月)

申し込みは、インターネット、コンビニ、英検特約書店からできます。

3級から、1次試験合格者を対象に、2次試験(面接)があります。

詳しくは、英検ホームページをご参照ください。https://www.eiken.or.jp/eiken/

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。